東京参鶏湯(サンゲタン)

東京参鶏湯

韓国での食文化には、医食同源が根付いており、体調を悪くしたら薬を飲むのでなく、食を通して体調を管理するという考え方があります。その中でも夏バテに効く料理として一般的なのが参鶏湯です。韓国の参鶏湯は、丸鶏をまるごと使用するだけでなく、貴重な高麗人参を使うことから、韓国の宮廷で食される高価な料理ですが、Soup Stock Tokyoではスープカップで食べられるようにアレンジしています。

高麗人参、にんにくなどの食材を使用

参鶏湯に使う材料。左上から高麗人参、にんにく、鶏肉、もち米、葱、生姜、唐辛子。特に高麗人参は強壮、精神安定、胃腸系、消化器系などに効果があるといわれており、昔から多彩な効果を持つ漢方として広く利用されています。

鶏の身が、骨から自然にほぐれるまでゆっくり煮込む

鶏肉は、圧力鍋にいれて、お鍋をゆっくりかき混ぜながら、自然に鶏肉がほぐれるまで煮込みます。時間をかけてじっくりと煮込むことで、スープ全体に鶏の旨みが溶け込んだ美味しいスープになります。

ちょっとアレンジ

ひと手間で香り高く、
「我が家の東京参鶏湯」

白髪ねぎや、葱をそえてお召し上がりいただくのがお勧めです。ごま油をトッピングとして最後にひとたらし、香りが広がります。

東京参鶏湯(サンゲタン)



・画像はイメージです。
・調理盛り付け画像は一例です。商品内容欄に記載以外の食材や器は含まれません。

180g 525円(税込)
500g 1,100円(税込)
数量:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
商品番号:xxxx
※3〜6日以内に発送予定(祝日年末年始除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。
合計0
カートを見る