素材を食べる 「五郎島金時」のヴィシソワーズ 180g

素材を食べる
「五郎島金時」のヴィシソワーズ

素材について

石川県・金沢に藩政時代より伝わる加賀野菜。時代とともに忘れられゆく伝統の品種を後世に残そうと地域が一体となり普及に努めている、その代表格が「五郎島金時」です。
「五郎島金時」は元禄時代に「不毛の地でも栽培ができる作物がある」と薩摩の国(鹿児島)から加賀の国(石川)に種芋を持ち帰り、砂丘地の五郎島地区で栽培がはじまったと言われています。

生産者さんのこだわりについて

収穫量を追い求めず品質を重視し、丁寧に栽培・貯蔵しています。秋に収穫された芋を低温で貯蔵し、一番甘さが乗ってくる晩冬から春ごろに調理しスープにします。さらっとした冷たいスープに、粉質な芋は特にぴったりの食材です。

五郎島という町名は現在一部の地域にしか残っていませんが、五郎島金時というブランドにしっかりと受け継がれています。

日本海に面した五郎島地区はさつまいもの成育に最適な砂丘地です。通気性、保水性に富む砂丘の土壌が、さつまいも五郎島金時の美味しさを作ります。

素材を食べる 「五郎島金時」のヴィシソワーズ 180g

加賀野菜の代表「五郎島金時」を冷たいスープにしました。
五郎島地区の砂丘地で育つさつま芋で、粉質で甘みが強いのが特徴。ミルクでさらっと仕上げました。

・画像はイメージです。
・調理盛り付け画像は一例です。商品内容欄に記載以外の食材や器は含まれません。

180g 630円(税込)
数量:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
商品番号:xxxx
※3〜6日以内に発送予定(祝日年末年始除く)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。
合計0
カートを見る